アルバムで保管する利点とは

手間をかけずに写真を見ることができる

今、あえて画像ファイルをプリントアウトする、あるいはアナログカメラで撮影してフィルムを現像するなどして、写真をアルバムで保管することにはどのような利点があるのでしょうか。まず写真を見る手間があまりかからないというものがあるでしょう。たとえばパソコンに画像ファイルを保存しているのであれば、それを見るためにはまずパソコンを、そして閲覧ソフトを起動して、お目当てのファイルを開くという操作が必要です。
こうした操作に慣れている人であればいいですが、不慣れな高齢者などは写真を一枚見ようとするだけで数十分かかってしまうということもあるかもしれません。アルバムにプリントした写真を保管しておけばすぐ見られます。

写真を見たり探すときに目に負担がかかりづらい

目に優しく、負担がかからないというのもメリットです。スマートフォンに保存してある画像を見る場合、基本的にスマホの画面によって画像の大きさが変わってきます。小さい画面のスマホで見たい画像を探そうとすると視力が衰えている人にはかなりの負担になるでしょう。閲覧アプリによっては保存されている画像をサムネイル形式で一画面に数多く表示するものもありますが、小さなサムネイルから画像の内容を確認するのも大変です。
しかし、アルバムにプリントアウトした写真を収納している場合、小さなモニターのスマホに写し出されている、さらに小さなサムネイルからお目当ての写真を見つけようとするよりはずっと楽に写真をチェックできます。